sneeze


A: "Ahh....Choo!" (アーチュッ!)

B: "Bless you!" (ブレスユー!)

A: "Thanks."




日本では、誰かがくしゃみをした時、「大丈夫?」と声を掛けたり、
何も言わなかったりするのが普通ですよね。

既にご存知の方も多いかと思いますが、英語圏の人達は、知り合いの人や
すぐ近くに居る人がくしゃみをすると、すかさず「Bless you!」と言います。
直訳してしまうと、「あなたに恵を…」というような意味なのですが、
くしゃみの時に使うこの言葉には、そんな深い意味はないようです。

「Bless you!」と言ってもらった方は、「Thanks.」と返すのが、
フレンドリーでナチュラルな会話。
もし隣で誰かが「Ahh...Choo!」とくしゃみをしていたら、
ぜひ「Bless you!」と使ってみましょう!


※「ハックション」を英語では、「Ahh...Choo!」などと表現します。
余談ですが、その他に動物の鳴き声なども日本語とは違う表現になります。
例えば羊は「Baaa Baaa(バーバー)」、牛は「Mooo Mooo(ムームー)」など。
日本人とは違って聞こえるのですね。不思議です