英会話プラネット│ 山形市にある、イギリス人講師のアットホームな英会話スクールです♪

今年20周年を迎えた、高校生〜大人の方の為の、小さい英会話スクールです。お忙しい社会人や学生さんでも続けられるよう、朝10時〜22時迄オープン!フレキシブルな予約制&柔軟なコース設定で、上達をしっかりサポートいたします。また、コロナ禍に、Danのレッスンがより面白く進化しましたので、ぜひ体験してみてください。スクール見学は、いつでもウェルカム!公式LINEもありますので『英会話プラネット』でご検索いただき、ちょっとしたことでもお気軽にご連絡いただけますと、嬉しいです! 📞023-633-3725

◆プラネットのオススメ◆
Danのオリジナルレッスンで、教材費無料!
▲譽奪好鷂紂内容をそのままメールでお送りするので、パソコンやスマホなどから、いつでも復習OK!レッスン中は、聞く話すことに集中していただけます。
B海韻襪半しづつお安くなる、長期割引特典などもあり。
ぅ灰蹈焚劼離哀襦璽廛譽奪好鵑蓮▲好ールもオンラインも、最大4人までのレッスンをお1人〜最大3人までの少人数で対応をしております。
イ修療堙戞△幹望により、オンラインとスクールをお選びいただけます!

カテゴリ: ■英会話トピック

こう言われたら、皆さんはどう答えますか?

中学校の教科書にあった
『I'm fine thank you, and you?』
間違いではないのですが・・・


ネイティブ同士の会話では「I'm fine.」以外に

「Good.」
「O.K.」
「All right.」
「Not bad.」

などと、気分に合わせて軽く答えることが多く
目上の人などに対して
「Thanks.」と付けて言うことはありますが
「I'm fine thank you.」では
どうもかたい感じになってしまいます。

また「And you?」や
友達などにはカジュアルに「You?」
と聞き返すのは、会話を途切れさせず繋ぐきっかけになるので
話しをしたい相手には(?)あいさつ以外の会話の中ででも
ぜひ使ってください


このように、その時の状況や気分に合わせて答え方を変えてみましょう!



今は休刊になってしまっている山形のタウン情報誌、『Waiwai』にて
2004年4月〜2006年3月まで、17連載させて頂いた「ダンの英会話トピック」。
ここで、少しずつ紹介させて頂きますので、どうぞご覧下さい


『イングランドとイギリスの違い?!』

サッカーのワールドカップで、イングランドの国旗を目にして
「???」と思った人も多いのでは?
(実は私も、10年ほど前のワールドカップで違いがあることを知りました・・・。)

日本で当時、時の人となったベッカム選手は、イングランド人であり、
イギリス人でもあるのです。

British Isles Map











イギリスとは、イングランド・ウェールズ・スコットランドのある
ブリテン島(英国/Great Britain)と北アイルランド(アイルランドの北側)からなる国で、よく私達が目にするユニオンジャックの旗は、
イギリスのもの。

その他にも、イングランドなどそれぞれに別の国旗があります。


イギリス(The United Kingdum of Great Britain and Northern Ireland)
union-jack





イングランド(England)
england





ウェールズ(Wales)
welsh_flag






スコットランド(Scotland)
scotland





北アイルランド(Northern Ireland)
Northern Ireland






ややこしいですが、ベッカム選手のことは、

『He is from England』
『He is from Britain』
『He is from the U.K.』

という言い方ができるのです。


ますますこんがらがってしまった方、ごめんなさい・・・。





↑このページのトップヘ